がん治療法の三大療法って?

がん治療に免疫細胞療法

がんの治療法として、三大療法と呼ばれる物があります。
アプローチとして外科手術による治療、放射線による治療、化学療法と呼ばれる物があります。

この治療法に共通するのは、がん細胞を攻撃するのですが、同時に、正常な組織も傷付けてしまうというデメリットがあります。
放射線や化学療法は特にそうなっており、正常細胞等は区別できずに増殖する細胞全てに攻撃をするのです。

免疫細胞療法と呼ばれる治療法がありますが、このメリットとして、がん細胞だけを攻撃して、正常細胞は攻撃をしないというのが最大のメリットと言えるかもしれません。
その中でも、あらゆるがん細胞でも攻撃をする物として、ナチュラルキラー細胞が挙げられます。

このナチュラルキラー細胞は、人の体から直接採取される事になります。
そして、培養されて活性化されるのです。
このナチュラルキラー細胞は、全てのがんを攻撃します。
しかし正常な細胞は傷つけません。

このような免疫療法によって体に負担をかけずにがんを治療していく訳です。
新日本橋石井クリニックでは免疫療法によってがんに対抗をしている病院です。
負担をかけずに治療をしてみたいと思いませんか。気になるならば一度、相談をしてみるのも良いでしょう。

投稿日: